今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

シャインガーネット

調教評価★☆☆

アンドラステ
クリスティ
サンクテュエール
ランブリングアレー

サンクテュエールの最終追切は美浦Wコース。前走の秋華賞は最終追切が芝コースだったのが凡走の一つの理由だと思っているので、最終追切が変わった今回、レース内容がどう変わるのかは注目です(今回は1週前追切が芝コースですが…..)

評価はしていませんが、シーズンズギフトは左回りの追い切りより右回りの方が走りが奇麗でした。右回り替わりは加点材料になるのではないでしょうか。
ビッククインバイオは成績・追い切りを見ても明らかなサウスポー。ここは軽視が妥当では?