天皇賞秋 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★

スカーレットカラー

調教評価★★

アーモンドアイ
キセキ

アーモンドアイは素晴らしい動き、キセキは前哨戦を叩いて明らかに前走以上でしょう。

調教評価★☆☆

クロノジェネシス
ダノンプレミアム

ダノンキングリーは折り合い、フィエールマンは状態に不安があるように思えましたので割引しようと思います。微妙なのはブラストワンピースとダイワキャグニー。ブラストはもっと動いてほしかったし、ダイワキャグニーはW追い切りをしてほしかったです。