秋華賞『舞台は秋でも買うのは桜』

府中牝馬Sはサラキアが勝利。北村友一騎手がサラキアの型を崩さず能力を引き出したための勝利でしょう。
穴馬の単勝が当たったにもかかわらず、痛恨の紐抜け。軽視したシャドウディーヴァとトロワゼトワルが2,4着。ズレを痛感させられました。
競馬は絶えず変わります。何もしていればどんどんズレていくもの。今年の予想がやたら紐抜けや4着、大本線の決着などばかりなのはズレているからしょう。
予想して、負けて、修正してを繰り返す。考えることを諦めない。それを行う場所が『考える競馬』
秋華賞の予想はこれまでの予想、復習の積み重ねから考えたものです。何かの参考になれば幸いです。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

京都11R 秋華賞
◎ミヤマザクラ 自信度★★☆☆☆

○デアリングタクト
▲サンクテュエール

土曜は外差しがバンバン決まっていたが、開幕2週目なので日曜もそうなるとは限らない。思い切ってフラットな馬場を想定する。
今年の皐月賞の予想でも触れたが、今の3冠1,3戦目は直行組が有利。桜花賞、秋華賞のアーモンドアイ、菊花賞のフィエールマン、桜花賞のグランアレグリア、皐月賞のサートゥルナーリア、秋華賞のクロノジェネシス、桜花賞のデアリングタクト、皐月賞のコントレイル、もはや直行こそが新たな常識となっている。
そしてもう一つの新たな常識、2000mGIはマイル重賞実績馬が圧倒的に有利。昨年の天皇賞秋はマイル実績馬の1,2,3着(アーモンドアイ、ダノンプレミアム、アエロリット)、今年の大阪杯もマイル実績馬の1,2着(ラッキーライラック、クロノジェネシス)だった。
近2年の秋華賞勝ち馬クロノジェネシス、アーモンドアイはどちらも直行×マイル重賞実績馬。
今年もそれを狙いたい。今年はミヤマザクラ、デアリングタクト、サンクテュエールの3頭が該当。
勝つのはほぼデアリングタクトだと思うが、魅力的なのはミヤマザクラ。未勝利戦が超秀逸で札幌1800m以上で前半3ハロン34.9秒以内かつ後半3ハロン35.9秒以内でまとめた牝馬はミヤマザクラ、ディアドラ、テイエムオーシャンのみ。ディアドラ、テイエムオーシャンとは走破時計が違うが2頭は古馬で記録したもの。その2頭はいずれも秋華賞馬であるように流れやすい秋華賞の舞台にそのラップが合っているのだと思う。

京都12R 平城京S
◎ライトウォーリア 自信度★★★☆☆
砂被りが大の苦手で砂を被るとレースを投げ出してしまう揉まれ弱い馬。2走前にそんな理由で推奨したが、こちらの想像を超える強さだった。
その強さゆえにレパードSは4番人気に指示されるも12着。マジェスティックウォリアー産駒は新潟コースが大の苦手で成績は【0-1-0-15】、対して京都コースは【14-5-5-39】、さらに京都で良馬場以外ならば【11-2-4-19】(稍重→重→不良の順に成績がよい)
テン乗りや砂被りといった少々の不安はあるが、道悪の京都で外に速い馬もいないならば絶好の狙い目と言える。

東京11R オクトーバーS
◎インビジブルレイズ 自信度★★☆☆☆
※東京5Rを見学したので急遽更新
5Rまでの芝を見る限りどんどん乾いてきており、外差し有利。インビジブルレイズの近2走は馬場に恵まれなかった。2走前は苦手な道悪、前走は圧倒的に外が有利な偏った馬場で1枠1番。今回も道悪で負けてもらいたかったが、良馬場まで回復しそう。
3走前、4走前を見てもOPで勝てる能力はあるし、外差し馬場の今回は巻き返してきてもおかしくない。

東京5R 2歳新馬
◎シテフローラル 自信度★★☆☆☆
半兄サトノクラウンは不良馬場の天皇賞秋2着馬、全兄フィリオアレグロは重馬場の東京の新馬戦勝ち、近親のメリディアンローグも不良馬場の東京で勝ち上がっており、道悪の東京コースはベスト。