完全な縦目を食らって泣きたい天皇賞春より触れたいのが先週の青葉賞。勝ち馬オーソリティの2代母はシーザリオ、2着馬ヴァルコスの2代母はウインドインハーヘアでした。前者はサートゥルナーリア、リオンディーズ、エピファネイアを輩出している名牝。後者はディープインパクト、レイデオロを輩出している名牝です。
東京の2400mの重賞で日本競馬を象徴する名牝系のワンツー。血のロマンを感じました。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

東京11R NHKマイルC
◎レシステンシア 自信度★☆☆☆☆

○ギルデッドミラー
▲シャインガーネット
△プリンスリターン
☆ルフトシュトローム
外差し馬場ならウインドインハーヘア牝系のルフトシュトロームの東京替わりと考えていたが、土曜の馬場は前が有利。ある程度好位にいないと厳しい馬場だった。ということで、ルフトシュトロームは泣く泣く諦める。
レシステンシアはダイワメジャー産駒らしくハイペースで飛ばして粘る競馬なら相当強い。鞍上とも手があってそうで今の馬場なら問題ない。
レシステンシアがハイペースで飛ばすという想定で相手は内枠のスピード型の先行組に絞る。スピードの足りない差し馬や外を回る馬は追走で脚を無くしてしまうから。こぶし賞で暴走しながらサトノインプレッサとクビ差に抑えたギルデッドミラー、左回りだと別馬のシャインガーネット、ハイペースのアーリントンCを先行しながら3着したプリンスリターンが面白い。
馬券は◎から馬連4点と3連複1頭軸流しで組んでみる。