武蔵野S 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を★☆☆~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

タイムフライヤー

1週前追い切りで時計をしっかり出して当週はサラッと。火曜の最終追い切りは秋華賞のソフトフルート、府中牝馬Sのサムシングジャストで結果を出しているように加点材料でしょう!(火曜追い切りの意図は本番の左回りに慣れるため?疲れを残さないため?でしょうか)

調教評価★☆☆

エアスピネル
サンライズノヴァ
スマートダンディー
ソリストサンダー
モズアスコット

サンライズノヴァは南部杯以上のデキと思わせる動き。モズアスコットは南部杯時に追い切り本数がもう少し欲しいと思っていましたし、叩き良化型らしく良い動きでした。2頭とも敵は斤量でしょうか。