マイルCS『輝け、清音』

予想に入る前に触れておきたいのが、グランアレグリアの追い切りについて。水曜の時点は最終追い切りが芝追いだったので危険な人気馬と評価していたのですが、金曜日に美浦坂路で2本追い切りを実施。グランアレグリアはスプリンターズSの時も異例の金曜追いと土曜追いを行って完勝したように今回の追い切りも大きな加点材料になるのではないでしょうか。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

阪神11R マイルCS
◎サウンドキアラ 自信度★★☆☆☆

◯グランアレグリア
△サリオス
△インディチャンプ
△アドマイヤマーズ
△レシステンシア
△ケイアイノーテック
△ヴァンドギャルド
△ラウダシオン
△カツジ
△ペルシアンナイト

前置きで触れたようにグランアレグリアでほぼ問題なさそう。グランアレグリアから買ってもいいが、まだ2つの席が残っている。1頭、魅力的な穴馬がいるのでそちらからアプローチをしてみたい。
サウンドキアラは左回りより右回りの方が走りが綺麗。にもかかわらず、今年のヴィクトリアマイルでは堂々の2着。昨年のヴィクトリアマイルで敗れてからどんどん強くなっており、下級条件でも連対できなかった左回りをGIでこなしたのは自力の成長と考えられる。そのヴィクトリアマイル1着馬アーモンドアイが次走の安田記念で2着、3着馬ノームコアが次走の安田記念で4着に走っているようにヴィクトリアマイル上位馬は牡馬相手のマイルGIでも通用することを証明しているし、サウンドキアラは本質的に得意ではない左回りだったことは強調しておきたい。
スワンSは前哨戦仕上げだったことと、内を通ると全くスピードが付かない偏った馬場で1枠1番だったこと、タフな馬場だったことが敗因。Sovereign Ladyの牝系で今の軽い馬場はヴィクトリアマイル同様に合っている。