京都金杯 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★★

メイケイダイハード

4走前の中京記念の時に坂路で自己ベストと1番時計を記録していたので、評価をしたが、こちらもビックリの18番人気1着。
今回はその時より0.7秒早い自己ベストで1番時計。もしかすると…

調教評価★★☆

エントシャイデン

不良馬場でラスト1ハロンはキレッキレ。近2走の追い切りはケチがつけられただけに巻き返しは十分あると思います。

調教評価★☆☆

サトノアーサー
シュリ
スマートオーディン
レッドガラン
ロードマイウェイ