京都大賞典 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

カセドラルベル
キングオブコージ

カセドラルベルは1週前追い切りで自己ベスト更新。
キングオブコージはしっかりと乗り込まれており、最終追い切りも1週前追い切りも好時計。

調教評価★☆☆

シルヴァンシャー

GI馬キセキとグローリーヴェイズは前哨戦だなと思える内容。格でどこまでやれるでしょうか。