菊花賞 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

ディープボンド
ブラックホール

調教評価★☆☆

ディアマンミノル
コントレイル

コントレイルは問題ない仕上がり。三冠達成はほぼ確実でしょう。
ヴェルトライゼンデの追い切りは時計こそ良いですが、併せ馬遅れ。追走だったとはいえ、これまで遅れたことがなかった馬なので気がかりです。

秋華賞と同様にみんなしっかり動いており特に評価を落としたい馬はいませんでした。