京成杯 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

グラティアス
タイソウ

グラティアスは追い切りを見る限る逃げる競馬はしないイメージです。
タイソウの1週前追い切りの映像を見ることはできませんでしたが、超超超好時計。新馬戦のラップも素晴らしいですし素質は高そうです。

調教評価★☆☆

ヴァイスメテオール
エイカイファントム
プラチナトレジャー
ブラックロータス

追い切り軽視馬

追い切りを見て軽視すべき馬を紹介します。
今年ここで紹介した軽視馬は成績を残します。

2021年現在の成績【0-0-1-1】

テンバガー

新馬戦は後の重賞勝ち馬ダノンザキッド、ワンダフルタウンに続く3着なので物差しからある程度評価しなければなりませんし、人気にもなると思いますが、この追い切りでは買えません。