考える競馬『11月21日(土)』

武蔵野Sの◎タイムフライヤーは残念な結果になりましたが、展開を考えるとあの馬の走れるレンジではなかったと思います。
またデイリー杯2歳Sの◎レッドベルオーブ、エリザベス女王杯◎サラキアは買い方が難解でしたが、個人的には嬉しい結果になりました。レッドベルオーブは春から当欄で激推ししていた馬ですし、一口馬主で出資している馬でもあります。着差こそ小さいもののあれだけ折り合いを欠きながら勝つあたりは能力の高さを感じることができました。サラキアは2走前の小倉日経OPを見た時から重賞で足りる馬だと本気で思いましたし、GIまで通用する馬をキチンと評価できたことは競馬予想を世にあげている者として誇りに思います。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

阪神12R 3歳以上1勝クラス
◎シンシティ 自信度★★☆☆☆
前走で注目馬に挙げたシンシティ。サウスヴィグラス産駒の1200m戦という理由だったが、こちらも驚く好時計で完勝。前日の4歳以上1勝クラスよりも速い時計だったし、2,3,4,6着馬が1勝クラスを卒業しているハイレベル戦。
持ち時計、ものさし評価から本馬にとって1勝クラスは問題ではない。