【ジャパンダートダービー 2020 出走予定馬 / 予想】カフェファラオなど

ジャパンダートダービー2020
カフェファラオ、ミヤジコクオウを分析!

2020年7月8日(水)
大井11R
ジャパンダートダービー(JpnI)
3歳OPダート2000m

【出走予定馬、騎手】

2020年ジャパンダートダービーの出走予定馬と騎手が発表されました!

JRA所属馬(7頭)

カフェファラオD.レーン
キタノオクトパス田辺裕信
ダイメイコリーダ池添謙一
ダノンファラオ坂井瑠星
バーナードループC.ルメール
フルフラット武豊
ミヤジコクオウ幸英明

地方他他地区所属馬

ガラミスジャクソン鴨宮祥行

南関東地区所属馬(5頭)

エメリミット山口達弥
コージーサンラッド本田正重
ゴールドボンバー矢野貴之
ブラヴール本橋孝太
リコーシーウルフ藤田凌

注目馬を2頭紹介!

2020年ジャパンダートダービーの出走予定馬から注目馬をピックアップしました!

カフェファラオ

調教師堀宣行(美浦)
生産者Paul P. Pompa
通算成績【3-0-0-0】
American Pharoah (アメリカンファラオ)
Mary’s Follies
母父More Than Ready (モアザンレディ)

3戦3勝、無敗でユニコーンSを制覇。2年前のルヴァンスレーヴのレコードタイムを0.1秒更新しました。そのルヴァンスレーヴは長期休養前は3歳馬ながら南部杯とチャンピオンズCを制した当時のダート最強馬。それを更新したのですからカフェファラオの未来は明るいはずです。

ミヤジコクオウ

調教師川村禎彦(栗東)
生産者WingFarm
通算成績【3-1-1-0】
ヴィクトワールピサ
エミネントシチー
母父ブライアンズタイム

兄はエスポワールシチーで血統背景がしっかりしているミヤジコクオウ。これまで3勝を挙げているのも納得かもしれません。
3勝どれも強いのですが、鳳雛Sの内容はまさに臥竜鳳雛。これまで3歳限定京都ダート1800mの良馬場で1:51.0以内で勝利した馬は4頭しかいません。

馬名走破時計主な勝ち鞍
ミヤジコクオウ1:51.0
ハタノヴァンクール1:50.9ジャパンダートダービー
川崎記念
カネヒキリ1:50.8ジャパンダートダービー
ジャパンカップダート
フェブラリーS
東京大賞典などGI,JpnI多数
ゴールドアリュール1:50.6ジャパンダートダービー
東京大賞典
フェブラリーS
ダービーGPGなど

上記の名前を見る限り相当強いでしょう。
ただ懸念があるとすると、今年の京都の馬場がかなり軽かった点。
3歳限定戦×良馬場で1:51.9以内ののレースを年毎に比べてみると、20年4件、19年2件、18年0件、17年1件、16年2件、15年2件、14年1件、13年1件、12年2件、11年0件と例年より多かったです。
それが不安ですが、1:51.0が本物ならカフェファラオに逆転は可能と思われます。

ジャパンダートダービーの予想へ  (火曜夕~当日更新予定)