ホープフルS 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

オーソクレース

右脚に不安のある馬で前走のアイビーSは脚の負担が少ないポリ追い切りで中間や最終追い切りを行っていましたが、今回は中間も最終追い切りもWコース仕上げ。勝負度合いの高さを感じました。

調教評価★☆☆

アオイショー
ダノンザキッド
バニシングポイント
ホールシバン
マカオンドール
ヨーホーレイク
ランドオブリバティ

ダノンザキッドは最終追い切りも1週前追い切りもCWコース。これまでの2戦は最終追い切りが坂路でしたが、個人的に距離不安があると思っているのでCWで追い切ったのは良かったと思います。