富士S 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

ヴァンドギャルド

調教評価★☆☆

タイセイビジョン
サトノアーサー
スマイルカナ
ラウダシオン

サトノアーサーは十分すぎるほど乗り込まれていました。関谷記念もかなり乗り込まれての結果だったので、この追い切りは良いのではないしょうか。

レイエンダは芝追い切り。アイビーSのバニシングポイントや先週のサンクテュエールもそうでしたが、あまり良い方に転がるイメージができません。

シーズンズギフトは今回が初の左回り。左トモが弱い馬なので手前を注視しましたが、終始逆手前。動きが悪いわけではありませんが、積極的に買うべき馬とは思いません。