府中牝馬S『今週もサロミナ』

先週の日曜日の予想と南部杯の予想は申し訳ありませんでした。
しっかりと振り返っておきましょう。
毎日王冠は重すぎる美浦Wコースを避けたと思われるサリオス(芝追い)とダイワキャグニー(坂路追い)のワンツー。美浦Wコース追いのザダルとコントラチェックは馬券外に敗れました。
ここで思い出したいのが今年のプロキオンSと七夕賞の最終追い切り。その週はかなりの雨が降って栗東坂路、CWコースともに重くなっていました。プロキオンSではポリ追い切りをしたヤマニンアンプリメ、デュープロセスが3.4着。芝追い切りをしたラプタスが6着と上位に走り、1.2番人気のレッドルゼル、サクセスエナジーは坂路追いで8着、10着と凡走していました。また七夕賞ではポリ追い切りをしたブラヴァス、ヴァンケドミンゴが2.3着。栗東坂路、CW組は全馬馬券外に敗れました。
最終追い切りで負担が大きすぎると、疲労が残ってしまいパフォーマンスを下げるのでしょう。個人的に評価を一気に下げるポリ追い切りでもこういう状況ではあえて評価を上げる必要がありそうです。

南部杯はダブル本命を打つもモズアスコットは休み明けの影響か手前を変えずに取りこぼしの2着。サンライズノヴァは吉原騎手や森泰斗騎手のようにある程度ポジションを取る競馬を期待していましたが、踏み遅れて4着。Jpn1で1番人気の松若騎手を買うべきではありませんでした。
とはいえ、勝ったアルクトスは素直に強かったです。この馬は体質が弱く、負荷の小さいダート追いやポリ追い切りで1週前や最終追い切りをやることが多いのですが、今年は昨年以上の乗り込み量で1週前追い切りはWコース、最終追い切りは坂路で自己ベストの超抜仕上げでした。
競馬は能力×適性(調教は能力のバロメーター)
昨年の南部杯2着馬の能力と適性が高いのは分かっていたのですから、状態の良い今年は絶好の狙い目だったということです。前もってこういう予想ができるようにしっかりと刻んでおきます。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

東京11R 府中牝馬S
◎サラキア 自信度★★☆☆☆

○ダノンファンタジー
▲シゲルピンクダイヤ
△フェアリーポルカ
△ラヴズオンリーユー
☆サムシングジャスト

これまで1回も本命を打ったことがない馬だが、前走の小倉日経OPで評価が一変。
最後は流したにもかかわらず、ラスト2ハロンを11.8→11.5秒の加速ラップ。何回やっても勝っていたであろう完勝だった。下手に動かさず、自分のペースで追走し、直線で弾けるのがこの馬の型。その型を最大限に活かせるのが北村友一騎手。
単純にサラキアを買うのではなくて直線で末脚をしっかり引き出せる北村騎手がサラキアに乗るからこそ買いたい。
相手はダノンファンタジー、シゲルピンクダイヤ、フェアリーポルカ、ラヴズオンリーユーが上位。ダノンは前哨戦からしっかり仕上げる中内田厩舎。シゲルは距離が少し不安だが、左回りの方がハイパフォーマンス。フェアリーポルカの近親トゥザヴィクトリーは府中牝馬S勝ち馬。ラヴズオンリーユーは追い切りがイマイチも矢作厩舎ならば買うべき。
シャドウディーヴァは叩き、トロワゼトワルは安田隆行厩舎の中距離で嫌った。
怖いのは火曜追い切りに意図がありそうなサムシングジャスト。

京都11R 太秦
◎ベストタッチダウン 自信度★★★☆☆
アンタレスSの推奨馬はベストタッチダウン。まさかの敗北だったが、出負けした時にトモを捻ったとのことで度外視は可能。
タートルボウル産駒は総じて揉まれ弱いイメージで4コーナーで外から被せられてしまったのも敗因と考えられる。今回負けるとすればそれだと思うが、本気でチャンピオンズCの惑星になれる馬だと思っている。

東京9R プラタナス賞
◎ゴールドレガシー 自信度★★★☆☆
父ゴールドアリュールは2017年に急死してしまったので、今年の2歳馬はたったの4頭のみ。その中の1頭ゴールドレガシーの新馬戦は圧巻の一言。前が極端に有利なトラックバイアスを後方2番手から完勝。走破時計も上がりも過去の名馬と遜色なかった。世代トップの馬になり得ると思う。ここを勝って全日本2歳優駿が青写真。

新潟9R 3歳以上1勝クラス
◎デンコウリジエール 自信度★★☆☆☆
本来は短距離馬にもかかわらず、1年ぶりの前走は1800m。折り合いをかなり欠いたにもかかわらず6着に走ったのは能力が抜けていたから。
2走前のなでしこ賞は2,5,7,8,9着馬が既に1勝クラスを突破しており、この馬も楽に突破できる。懸念は1年ぶりで6着に走った反動か。