数週間、当サイトの更新をしませんでした。理由は自分の予想が情けなかったからです。特にAJCCは追い切りから内枠の面白そうな馬を推奨しましたが、当時の馬場は内を通ることが不利。土曜の馬場からそのことは分かっていたにもかかわらず内枠の馬を推奨したことは、プロの予想家を目指す者として良くなかったと思います。
だからこそ、当欄で時々述べている『競馬は能力×適性、追い切りは能力のバロメーター』を徹底しようと決めました。これからは能力は独自の指数で、適性と追い切りは知識と経験で評価をする。指数はまだまだ試作中なので見せることはできませんが、遠くない未来に公開できるように精進します。その関係もあってこれからは毎開催の更新は約束できません。それでも簡易的な予想はツイートしますし、当欄の更新ができるときは濃いものを作るつもりですので、参考程度になれば嬉しいです。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

東京11R フェブラリーS
◎カフェファラオ 自信度★★★☆☆

◯サンライズノヴァ
▲ソリストサンダー
△アルクトス
△オーヴェルニュ
△ワンダーリーデル
△インティ
△エアアルマス
☆ミューチャリー

ヒヤシンスSとユニコーンSの勝ちっぷりを見てカフェファラオは歴史を変える馬になると思った。父と母父が同じ配合のフォーホイールドライブが日本で種牡馬入りをしたのもカフェファラオの評価の高さと考えられる。
ただ現代の競馬ではどんな条件でも力を最大限に発揮できるオールラウンダーは存在しない。カフェファラオはアメリカ育成なので地方のダートが苦手であるし、溜めが効かないので中京コースも苦手。近3走は適性の舞台ではなかったにもかかわらず、シリウスS1着、チャンピオンズC6着と走っており、これは絶対能力の証明と言い切れる。スムーズに運べなければ厳しくなるが、ワンターンの東京コースで流れに乗り切れれば能力をしっかり発揮できる。
相手は同じくワンターン大好きサンライズノヴァとアルクトスが本線候補だが、一番魅力的なのはソリストサンダー。近2走の上昇度が凄まじく、前走以上の内容ならば惑星になりえる。

自信度★★★にしたのはアメリカンファラオ産駒はエンパイアメーカー直系なので気性難で揉まれ弱い馬が多いから。ただ、ジャパンダートダービーを見ても揉まれ弱いとも砂被りがダメとも思いませんでしたが。