ファンタジーS『名牝、白雪姫』

先週の東京芝コースは外を通った馬が圧倒的に有利。天皇賞秋で8枠のダノンプレミアムを買ってる者としては『なんで内を通るんだ!』なんて思いましたが、素直に上位3頭が強かったと認めざるを得ません。
特に驚いたのはフィエールマン。近走は緩い流ればかり経験していたので、速い流れが求められる天皇賞秋は追走に苦労すると考えたのですが、後半1600m1:33.4の流れに対応して2着。近2年の1:32.4、1:32.0に比べて時計がかかったのは好走の要因でしょうが、それでも1:33.4は1週前に行われた富士Sと同じ時計。
まさか、天皇賞秋に対応できるとは、、、限りなく暮れのグランプリに近い存在なのではないでしょうか。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

阪神11R ファンタジーS
◎メイケイエール 自信度★★☆☆☆

○モンファボリ
▲ミニーアイル
△サルビア
△ヨカヨカ
△ラヴケリー
△メイショウイチヒメ
△フリード

良馬場ならばモンファボリが絶好の狙い目だと思っていたが、雨予報で泣く泣く諦める。
となれば、メイケイエールで問題なさそう。
ゲートは遅いし、折り合いは欠くし、シラユキヒメ牝系の本質はダート寄り。それでもだ、小倉2歳Sは間違いなく強かった。重馬場ながらラスト2ハロンは12.1→11.8秒の加速ラップ、もっと高みを目指せる素質馬に違いないはず。
ミッキーアイル産駒は中央競馬7勝の内6勝が1秒以上の前傾ラップ。ステラマドリッドの血がテンから流れるラップが合っているよう。阪神1400mは前傾ラップになりやすいコースなので、同産駒には合っていると思う。
相手は幻の本命モンファボリ、同じミッキーアイル産駒ミニーアイル、サドラーズウェルズを牝系に持ってるダイワメジャー産駒サルビア、無敗馬ヨカヨカが上位。

東京11R 京王杯2歳S
◎リフレイム 自信度★★☆☆☆

○モントライゼ
▲ユングヴィ
△ブルーシンフォニー
△ロードマックス
△ニシノガブリヨリ
△ストライプ

癖の強い馬だが素直にリフレイムを推す。新馬戦は直線で外ラチまで寄れた時に、鎧が外れ、まともに追えなかったにもかかわらず勝利。2戦目は最後方から大外ぶんまわしで勝利。新馬戦は逃げ、2戦目はモタれながら上がり2位に1秒の差をつける後方一気。違った内容で結果を出せたのは素質の高さと言える。
他馬に迷惑をかけないために今回も最高方から大外ぶんまわしをすると思うが、前置きで触れたように今の東京は外が伸びる馬場なので大きな減点にならない。
相手本線は小倉2歳Sはメイケイエールが強すぎただけのモントライゼ、どんどん良化しているユングヴィ。