エリザベス女王杯 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を★☆☆~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

サラキア
センテリュオ
ミスニューヨーク
ラッキーライラック
リュヌルージュ

2走前から馬が変わったサラキア、一週前追い切りも当週の追い切りも軽々好タイムで動いているように今が充実期なのでしょう。

調教評価★☆☆

ウインマイティー
ウラヌスチャーム
サトノガーネット
シャドウディーヴァ
ラヴズオンリーユー

シャドウディーヴァの前走は追い切りを見て”叩き”と判断して軽視したのですが、まさかの2着。それをどう考えるかですが、『叩きでも2着に走れる自力がついた』と考えてみると、前走以上に動いている今回の追い切りに納得ができます。ただ、右回りの追い切りで手前を変えていなかったように本質はサウスポーなので、評価は★としました。

ソフトフルートとサムシングジャストは火曜追い切りを行って秋華賞3着、府中牝馬S3着で結果を残しましたのと同じ火曜追い切りを実施していました。