エリザベス女王杯『型がある馬もいる』

色々あって更新が遅れました。簡易的なエリザベス女王杯と前もって書いていた福島10Rのみの予想になりますが、なんらかの参考になれば幸いです。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

阪神11R エリザベス女王杯
◎サラキア 自信度★★☆☆☆

○ノームコア
▲センテリュオ
△1,4,5,11,12,17,18

馬の中には型がある馬もおり、それを崩すと能力が出せない馬もいる。サラキアはまさにそれ。自分のペースで追走し、直線で末脚を発揮するのがこの馬の型。手が合う北村友一騎手が乗った近2走はこれまでの評価を一変させてくれる好内容なだけにGIでも期待してみたい。今の阪神は超高速馬場だが、小倉1700mのレコードホルダーなだけに特に減点はない。
相手本線はノームコアとセンテリュオ。前者は堅実な馬でヴィクトリアマイルのレコードからも高速馬場は問題なし。後者は本命にするか最後まで悩んだ馬。クラフティワイフ牝系は非根幹距離は大の得意、古馬になって上昇する牝系でトーセンホマレボシ、トーセンジョーダンなどレコードの出る馬場は合っている。
人気のラヴズオンリーユー、ラッキーライラックは世間の評価ほど強くない気がするので積極的には買いたくない。

福島10R 福島2歳S
◎ディープエコロジー 自信度★☆☆☆☆
近2走に明確な敗因があるにもかかわらず地味な血統のおかげで人気がないディープエコロジー。
2走前の函館2歳S出遅れて大外をぶんまわしたが、内が有利で外が伸びない馬場だった。それでも上位馬とは差があまりなく上がり2位(上がり1位は有利な内を通った馬)
前走は8枠で掛かっていたし、距離も長かったイメージ。短距離戻りで期待してみたい。