デイリー杯2歳S『速い馬を連れてこい』

先週の日曜日は両重賞で残念な結果になりました。
みやこSの◎ベストタッチダウンは最下位。配合から揉まれ弱いのは分かっていましたが、単騎で逃げられないとここまで脆いとは…。追いかける馬ではないのかもしれません。かたやアルゼンチン共和国杯は8枠で揉まれなかったオーソリティが勝利。内枠のユーキャンスマイルにとっては厳しい馬場でした。揉まれて大敗したベストタッチダウンと揉まれなくて勝ったオーソリティはどちらも牝系にスペシャルウィークを持っているのですが、この話はいつかできればと思います。

※予想の前にこれらの記事を読んでおくと良いかもしれません。

『コントレイルの強さの秘訣を探る』『アーモンドアイやサートゥルナーリアが活躍している理由』

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

阪神11R デイリー杯2歳S
◎レッドベルオーブ 自信度★★★☆☆

○ホウオウアマゾン
▲スーパーホープ
△スーパーウーパー

先週の阪神は芝を張り替えた開幕週でレコードが出る高速馬場。週中に雨が降っておらず、当日も晴れ予報ならば先週と同じ高速馬場を想定してみる。
高速馬場においてはスピードに対応できる血が必須。そこで強さを発揮している血統の代表例こそが『Storm Cat』、そしてそのStorm Catを強化する血統が『Caro』
この2つの血を合わせ持つ馬はダービー2着のダノンキングリーやNHKマイルC勝ち馬ラウダシオン、マイル日本レコード持ちのトロワゼトワル、東スポ杯で驚愕のレコードを記録したコントレイルなど軽い馬場では手がつけられないほどの適性を見せており、レッドベルオーブもそのニックスの持ち主らしく未勝利戦はコースレコードを1.1秒縮める桁違いの内容だった。
行きたがる馬なので、福永騎手の教育騎乗による取りこぼしが不安だが、追い切りもレース毎にどんどん良くなっているし、馬場も合っている今なら期待は大きい。
相手も軽い馬場に適性が高い馬をピックアップする。
ホウオウアマゾンの2代母スターミーはA.P.indy系なので軽い馬場の方が得意、伯父カレンミロティックがレコードをいくつか持っていたのもスターミーが軽い馬場向きだったから。自力の高さから1,2戦目のタフな馬場で好走できたが、軽い馬場の前走こそが本当の走り。
スーパーホープはフランス牝系だが、実はStorm Cat×Caroのニックスの持ち主。軽い馬場は1回も走っておらず、初めての軽い馬場で前進の可能性がある。
スーパーウーパーもStorm Cat×Caroのニックス馬。新馬戦はタフな外差し馬場で逃げ切ったのは目を見張るものがあった。スーパーホープ同様、軽い馬場での前進に期待できそう。
人気のカイザーノヴァはサトノクラウンの父マルジュを輩出したWelsh Flame牝系に父モーリス。それを考えると軽い馬場よりタフな馬場向きでは?

東京11R 武蔵野S
◎タイムフライヤー 自信度★★★☆☆

○モズアスコット
▲ワンダーリーデル
△サンライズノヴァ
△レピアーウィット
△エアスピネル
△デュードヴァン
△ケンシンコウ

今年のフェブラリーSは特殊なレース。

着順 馬名3-4コーナー通過順位
1着 モズアスコット8-8
2着 ケイティブレイブ9-9
3着 サンライズノヴァ12-13
4着 ワンダーリーデル12-11
5着 タイムフライヤー3-3
6着 キングズガード14-13
6着 モジアナフレイバー14-13
8着 ノンコノユメ11-11

上の表から分かるようにタイムフライヤー以外の1~8着馬はいずれも後方からの差し馬。前で運んだアルクトス(9着)、ワイドファラオ(12着)がそれぞれ南部杯、かしわ記念で巻き返して勝っているように前で運んだ馬にとってはかなり厳しかった。にもかかわらず、5着で見せ場を作ったタイムフライヤーの東京ダート1600m適性の高さは相当高い。今年の夏は少し長いと思っていた距離で2連勝。レース毎に馬体重をどんどん増やしているし、近親タイムパラドックスが6歳秋以降にGI/Jpn1を5勝した晩成血統らしくようやく本格化してきたイメージ。ここの内容次第では来年のフェブラリーSが楽しみになる。
相手で面白いのはワンダーリーデル。休み明け2戦目×中4週以内×左回りでは【3-0-0-1】、馬券外はフェブラリーS4着だが、その時ハナ差3着だったサンライズノヴァに1kgもらえるならばオッズほどの差はなさそう。

余談

・デイリー杯2歳SでStorm Cat×Caroのニックスに触れましたが、それが活きる馬場ならば阪神12Rのジュビリーヘッドも該当しており狙えるでしょう(絶対能力に疑問が少しありますが….)

・個人的に激推ししている新種牡馬アジアエクスプレス産駒ですが、アジアエクスプレスは武蔵野Sに出走予定のレピアーウィットの全兄です。ちなみにこの血統もStorm Cat×Caroのニックス。
レピアーウィットは砂を被るとレースを投げ出してしまうので、今回の枠は絶好です。