朝日杯FS『全弟のリベンジ』

日曜は東京サラブレッドクラブで出資しているレッドベルオーブが朝日杯FSに出走。不安と期待が入り混じりますが、まずは無事に走ってくれることを願います。なお客観的な予想ができていないので自信度の★は控えさせていただきました。
さて、筆者は今年2回目の競馬場へ向かいます。どうせならレースを更に楽しもうとプチ注目馬を紹介する場を設けました。そこでは予想で紹介しきれなかったけれども、是非とも注目してもらいたい馬を紹介します。右上のハンバーガーメニューからプチ注目馬の欄をクリックしていただければアクセスできます。時間に余裕があるときは毎回更新する予定なので、興味があれば覗いてもらえれば幸いです。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

阪神11R 朝日杯FS
◎レッドベルオーブ 自信度☆☆☆☆☆

近親が朝日杯勝ち馬ゴスホークケンのステラヴェローチェとか、アドマイヤマーズと擬似配合のモントライゼとかそれなりに気になる馬はいるが、愛馬レッドベルオーブの予想を純粋に書きたい。
レッドベルオーブは牝系にカロ、ストームキャット、インリアリティーを持っているが、この血を持つディープインパクト系産駒はダノンキングリー、コントレイル、ラウダシオンが近年、大活躍。
思えば、今年の3冠馬コントレイルはホープフルSで折り合いを欠いていたが、福永騎手がしっかり教育して皐月賞では折り合いを克服。レッドベルオーブもデイリー杯2歳Sで折り合いを欠いたが、しっかり教育。血統も前向きな気性もコントレイルと被って仕方がない。ここをしっかりと勝ち切ることができれば、新緑の府中で大きな期待が持てる。

阪神12R 高砂特別
◎サイクロトロン 自信度★★☆☆☆
ブリンカーを着用した前走から走りが一変。共に先行した馬が直線で垂れていく中、2番手から押し切り勝ち。
7馬身差のついた2,3,4着馬はいずれも追い込み馬。展開を跳ね除ける強い走りだった。あの走りならば昇級の壁もないはず。

中山11R ディセンバーS
◎パッシングスルー 自信度★★★☆☆
2014年秋の馬場改修後の中山内回りコースでレース前半3ハロン36.9秒以内かつ上がり5ハロン57.9秒以内でまとめたのは紫苑Sのパッシングスルー、紫苑Sのノームコア、中山記念のドゥラメンテのみ。
パッシングスルーが勝った紫苑Sの日は馬場が速かったのは事実だが、2着フェアリーポルカはその後中山で重賞2勝、3着カレンブーケドールはGI最前線で活躍しているようにレベルは高かった。
馬柱は汚れているが、5走前はお釣りがなかった秋華賞、4走前は適性のない重馬場、3走前2走前は適性のないダート、前走も重馬場と十分なエクスキューズがある。
ちなみに父ルーラーシップ×母父クロフネはリオンリオン、リリーノーブル、ロサグラウカと同配合。この配合の中山芝成績は【5-1-1-2】、中山は合っている。

中京7R 3歳以上1勝クラス
◎ロードシャムロック 自信度★★☆☆☆
全兄は10勝全てが1400m以下のダノンスマッシュ。ロードシャムロックは1800mを使われ続けて最終的に勝ち上がれなかったが、距離短縮と格上挑戦の1600mで一発回答。それでも、レース内容や血統背景を考えると全兄同様1400m以下が本質だと思う。
既に勝ってるこのクラスで待望の1400m以下への距離短縮ならば更なる上昇が見込めそう。