有馬記念 追い切り評価

今週の重賞に出走予定の馬から調教の良かったと感じた馬を☆☆★~★★★で評価しています。

筆者は競馬において重要な要素は能力×適性であって、調教は能力のバロメーターと考えています。
(育成によって馬の適性も変わってくるので調教は適性の一部でもあるのですが….)
評価が高い馬を必ずしも本命にするとは限りませんので、ご容赦ください。

調教評価★★☆

サラキア

調教評価★☆☆

カレンブーケドール
キセキ
クロノジェネシス
ペルシアンナイト
ラヴズオンリーユー

オーソリティは最終追い切りも1週前追い切りも手前を変えていませんでした。アルゼンチン共和国杯では4コーナー逆手前、直線でも手前の変換が遅かったので、おそらく手前の変換が苦手。ホープフルSでは直線逆手前でしたし、コーナー6回の有馬記念は合わない印象です。

クレッシェンドラブは最終追い切りも1週前追い切りも手前を変えていませんでした。いつもこんな感じなので特に減点ではないのですが、今年の七夕賞の最終追い切りはしっかり手前を変えて軽い動きだったのと比べると高評価はできません。