AJCC『ハイリスクハイリターン』

今週の土曜日は良い的中がありませんでした(いつもだろ!)、今年が始まって良い的中がなく、目が開きませんが、今週はちょっと予想世にあげる者としてはちょっとズルい買い方をしてみたいと思います。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

中山11R AJCC
◎ベストアプローチ 自信度★☆☆☆☆

◯アリストテレス
▲サンアップルトン
△ラストドラフト
△ジェネラーレウーノ
△ヴェルトライゼンデ
△ウインマリリン

AJCCは◎と▲が魅力的な穴馬で◯は連は固そう。馬券は◎◯▲からアプローチしてみたい。
本命は追い切りから急上昇する惑星ベストアプローチ。同馬は屈腱炎で2年以上休んでいたように脚に不安を抱えており、復帰した3戦の最終追い切りは脚への負荷が大きくない坂路かダート。基本的に脚に不安のある馬は調教中の事故を起こさないために負荷のかかるウッドコースで追い切りをしない。シャケトラはAJCCでウッド追い切りを行ってフィエールマン相手に勝ったが、天皇賞春の1週前追い切りで壮絶な死を迎えたようにウッド追い切りは脚に不安がある馬にとっては諸刃の剣。
ベストアプローチは一週前追い切り、最終追い切りがウッドの超抜仕上げ。前走のアルゼンチン共和国杯では上がり3位で見せ場を作っており、今回の追い切りならば惑星になる可能性を秘めている。陣営は道悪が苦手と話しているが、不良馬場の菊花賞は前が壊滅の展開負け、父はニューアプローチで牝系は欧州指向、道悪は苦手とは思わない。
アリストテレスは相手なりに走るタイプ、たとえ菊花賞にコントレイルがいなかったとしても2着争いをしてと思っているし有馬記念に出走していたとしても良い勝負をしていただろう。
サンアップルトンは最終追い切りが坂路の時は【4-2-2-1】と良い成績を残している坂路馬、馬券外の一回もミッキースワローの斜行による不利があった日経賞4着なので特に減点はない。

中京11R 東海S
◎タイキフェルヴール 自信度★★☆☆☆

◯インティ
▲ダノンスプレンダー
△オーヴェルニュ
△ハヤヤッコ
△ロードアクシス

追い出しに遅れながら加速ラップでまとめあげた未勝利戦を見た時から将来は重賞まで届く馬だなと思っていたがようやく。屈腱炎から復帰した2戦目の前走ではラスト1ハロンを推定11秒台でまとめ上げており、やはり能力は相当。
比較的前が有利な馬場状態なのでインティやダノンスプレンダーに加点が大きい馬場だが、それでも素質は劣らないはず。

中京10R 伊賀S
◎コパノマーキュリー 自信度★★☆☆☆
ダート1200mの申し子サウスヴィグラス産駒。2走前の1200m戦は追い切りの時点で馬にやる気がなかったようにサウスヴィグラス産駒らしい一面が出てしまったが、3走前の京都ダート1200mが非常に優秀で昨年の良馬場京都で1:10.9を切ったのはレッドルゼル、サクセスエナジー、トップウイナー、コパノマーキュリーのみ。他の3頭はいずれも重賞に出走する馬でコパノマーキュリーもそれくらいの能力は持っていると言えそう。

中山8R 4歳以上2勝クラス
◎ジェットマックス 自信度★☆☆☆☆
森厩舎の米国産馬なのでダート短距離の名門。2走前に待望のダート短距離替わりだと思ったが、追い切りを見ると乗り込み量が少なめ。これでは厳しいかなと思っている中で結果を出したのはダート短距離の適性の高さと言えそう。前走の最終追い切りは直前に放馬をしたとのことで軽め。その影響で少し太かった。今回は絞って中身が違うはず。