先週の菊花賞はコース分析を誤りました。
タフな馬場で道中の消費が激しく、前が厳しくなると考え、後方の内枠が恵まれると思ったのですが、結果的に後方にはノーチャンスでした。
実際はタフな馬場で前も後ろも内も外も消費が大きく、好位で運んだ馬がそのまま残る馬場でした。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

阪神11R スワンS
◎マイスタイル 自信度★☆☆☆☆

○フィアーノロマーノ

前置きでも触れたが、今の阪神はタフで内も外も前も後ろも道中の消費が大きく、結果的に好位で運んだ馬が有利になる特殊な馬場。
本命は好位で運べる能力上位馬マイスタイル。
同馬は牝系のダンジグの影響で反動が出やすく、好走と大敗を繰り返しやすいタイプ。
前走、3走前は反動の影響で低パフォーマンスだが、2走前、4走前はそれなりのパフォーマンスを見せている。
特に4走前のダービー卿CTは前半5ハロンの通過が57.1秒のハイペースを逃げて4着。
4走前のパフォーマンスと今の馬場なら上位争い可能。
距離ロスの少ない内枠が理想だった分、自信度は★1つ。
相手はタフな馬場も問題なく好位で運べるフィアーノロマーノ。
ダノンファンタジーはどちらかと言うと、軽い馬場向き、クリノガウディーは差し馬。
能力でどこまでやれるか。