スプリンターズSは◎ピクシーナイト(1着)、〇シヴァージ(3着)、シリウスSは◎ウェスタールンド(2着)、〇ブルベアイリーデ(3着)で的中することができました。
欲を言えば、アタマ差が逆転できれば大きい馬券が取れましたが、シヴァージもウェスタールンドもうまく立ち回ってくれたので、ワイドだけでも満足です。
スプリンターズSは内有利にもかかわらず、外枠から2着に走ったレシステンシアが強かっただけで、仕方ありません。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

大井11R 東京盃
◎リュウノユキナ 自信度★★☆☆☆

〇サクセスエナジー

レッドルゼルが抜けて強いが追い切りを見る限り、まだ良化途上の印象。
能力で上位に来る可能性はあるが、本命にはしない。
となれば、順当に能力指数2位のリュウノユキナを推す。
2走前の大井で行われた東京スプリントはタイム差なしの勝利だったが、リュウノユキナ以外の先行馬がすべて垂れる厳しい展開。
垂れたヒロシゲゴールドが次走で重賞を制しているように先行して勝った東京スプリントは着差以上の完勝だった。

相手で面白いのはサクセスエナジー。
能力指数こそ7位だが、指数に反映している近5走が全て不利。
サクセスエナジーの特徴は砂被りが苦手でレース間隔が詰まっている方が力を発揮できるタイプ。
近4走は3枠→1枠→1枠→3枠で砂被りを嫌がって位置取りを下げてしまったし、5走前の根岸Sは差し馬が上位を独占した超先行不利。
それでもラスト1ハロンまでは見せ場たっぷりだった。
6走前の兵庫ゴールドトロフィーのパフォーマンスが出せれば上位争い可能。