予想に入る前に新潟2歳Sの適性分析について触れましょう。
近5年の新潟2歳Sは上がり最速馬が【3-1-1-0】、上がり2位が【2-2-1-0】
上がりを出せれば届くレース。
その上がり2位までを記録した10頭のうち、8頭が5枠より外。
内が痛んでおり、内枠からスタートすると道中の消費が大きくバテてしまう。

独自の能力指数5位以内で5枠より外はオタルエバーとアライバルの2頭。
オタルエバーは強いですが、上がりが有利なレースで逃げは不利。アライバルは追い切りが好みではないので、買いたい馬がいません。
そのため、申し訳ありませんが新潟2歳Sの推奨は控えさせていただきます。

2枚目の画像はオタルエバーの新馬戦のラップ分析です。
2歳×新潟芝1600mでレースラップ前半4ハロン51秒以下かつラスト2ハロン22秒以内で勝った馬はこれまで10頭。
そのうち、10頭全てが重賞連対馬で8頭が重賞勝ち馬。
オタルエバーのレースは他の馬よりも軽い馬場だったのは事実ですが、レースの内容は本当に強かったです。
今回は適性に合っていないと思いますが、能力でどこまでやれるのか注目したいと思います。







本日の推奨馬は
札幌11Rです。

この記事の続きを読むには会員登録後、該当商品のパスワードの購入をお願いいたします。

会員登録はこちら
商品購入はこちら