オリンピックが開幕して1週間がたちました。興味のなかった競技もテレビでたまたま見ると「めちゃくちゃ面白いじゃん!」と思ったことも多くありましたし、ワクワクできました。オリンピックをきっかけにスポーツの面白さをより知ることができ、スポーツがより好きになりました。

考える競馬は「こんな考え方があるんだ!」
と競馬をより楽しんでいただきたいと思っていました。
その上で、将来は競馬ライターとして稼げるようになりたいと更新してきました。

そして、ありがたいことに競馬最強の法則さんに声をかけていただき、今週からサイキョウの買い目に予想を入稿させて頂くことになりました。

考える競馬の有料予想に連動してサイキョウの買い目でも予想を販売します。私の予想が競馬ライフのスパイスになれば嬉しいです。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

函館8R 3歳以上1勝クラス
◎ニシノミズカゼ 自信度★★☆☆☆
アジアエクスプレス産駒の中央ダートの距離別の成績は
1000m~1150m【6-2-1-18】勝率22.2%、複勝率33.3%
1200m~1300m【8-8-4-73】 勝率8.6%、複勝率21.5%
1400m~1600m【6-11-12-76】勝率5.7%、複勝率27.6%
1700m~2500m【2-2-5-47】勝率3.6%、複勝率16.1%
と距離が短い1000m~1150mで最も成績がよい。
また種牡馬アジアエクスプレスはデピュティミニスターとニックスの関係にあり、牝系にデピュティミニスターを持っていた3歳馬は6頭中5頭が勝ち上がっていた。
ニックス持ちも短い距離での成績がよく、ニシノミズカゼはダート1150mで2着に0.9秒差をつけてレコードで勝ち上がり。今回はその時以来の1150m以下戦。牝馬限定戦で減量騎手で裸同然の49kgならば逃げ切りに期待ができる。

新潟7R 3歳以上1勝クラス
◎バーデンヴァイラー 自信度★★☆☆☆
姉はエンプレス杯、レディスプレリュード、TCK女王杯などダートで活躍しているマルシュロレーヌ。バーデンヴァイラーは芝の新馬戦で3着に好走するも、すぐにダートに切り替えて6馬身差で圧勝。
良馬場の阪神ダート1800mでラスト1ハロン11秒台を出した2歳馬はこの馬が初。これまではクロスクリーガーの12.0秒が最速で、その馬はダートで重賞2勝を含む7戦5勝だった。
バーデンヴァイラーは両足を骨折して中37週のレースなのでそこが肝だが、脚の不安が大きい馬は避ける傾向にあるCWコースで時計を出せているので、大きく評価を下げる必要はない。