かしわ記念は能力指数1位カフェファラオ、2位サンライズノヴァが適性でパフォーマンスを下げた結果、指数3位タイのカジノフォンテン、ソリストサンダーのワンツー決着。当時の船橋は強い風で極端に前が有利なトラックバイアスになっていましたし、ソリストサンダーは向正面で手綱を引く不利があっただけにハナ差2着は悔しい結果になりました。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

中京11R 京都新聞杯
◎マカオンドール 自信度★★☆☆☆

○ヴェローチェオロ
▲ゲヴィナー
△ルペルカーリア

ルペルカーリアが抜けてると思うし、レッドジェネシスは能力上位。しかし、友道厩舎の育成は非婚間距離が苦手。特に2200mの重賞は43回走って【0-5-3-35】、昨年の同レースもアドマイヤビルゴが単勝1.4倍で4着に敗れており、有力馬2頭の評価を下げる。
マカオンドールを買う。京都2歳Sでは直線で進路カットの不利がありながら、ワンダフルタウン、ラーゴム相手に3着に走っており、重賞でも上位の実力者。全2勝を中京コースであげており、初勝利は2歳レコード。開幕週の速い馬場も問題なく、追い切りも自己ベスト。
相手は減点材料が見当たらないヴェローチェオロ。シルバーレーン牝系ゲヴィナー。同牝系は2200mの重賞で【1-3-4-1】、兄ステイフーリッシュは京都新聞杯勝ち馬。ルペルカーリアは能力で3着内なら。

能力指数順位
1位ルペルカーリア
2位マカオンドール
3位ヴェローチェオロ、レッドジェネシス
5位ハートオブアシティ
6位ゲヴィナー(1戦のみ)
7位グレークアップ
8位ワイドエンペラー、サイモンメガライズ、トーホウバロン、エスコバル

東京5R 2歳未勝利
◎ニューアリオン 自信度★★☆☆☆
とにかく運がない同馬。新馬戦は先行不利の馬場と展開で5着。近2走は上手く乗れていないだけで、中々の好内容。
牝系は府中に強いウインドインハーヘア。スムーズならば好勝負。