天皇賞春は皐月賞に続き対抗評価の馬が勝利。◎アリストテレスは独自指数で5位、ワールドプレミアは独自指数で2位でした。ワールドプレミアの近走は能力を出し切れていなかったので、上昇してくると思っていましたが、肝心の◎アリストテレスが4着。相手なりに指数通りを上げてくる予想でしたが、指数通りでした。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

船橋11R かしわ記念
◎ソリストサンダー 自信度★★☆☆☆

○タイムフライヤー
▲ミューチャリー
△カジノフォンテン

かしわ記念に出走する馬の独自指数の順位は
1位カフェファラオ
2位サンライズノヴァ
3位カジノフォンテン、ソリストサンダー
5位インティ
6位タイムフライヤー
7位ミューチャリー
8位ワイドファラオ

1位カフェファラオはアメリカ育成なので南関東のダートが苦手であるし、溜めが効かないのでコーナー4つも苦手。2位サンライズノヴァ、5位インティは軽い馬場を得意としており、こちらも南関東のダートは苦手。
能力上位馬の適性が半信半疑に加えて、逃げ・先行馬が揃っている。買うのは能力3位の差し馬ソリストサンダー。門司Sが非常に優秀で、ハイペースにもかかわらずラスト2ハロンは加速ラップ。フェブラリーSでも本気で来ると思ってたので大本線で強く買ったが、外差しが全く効かない馬場で時計も速く、追走に苦労してノーチャンスだった。
対抗はタイムフライヤー。近親にはJpn1を4勝したタイムパラドックスがおり、地方のダートならさらに上昇しそう。
単穴はミューチャリー。フェブラリーSは外差しが効かない馬場にもかかわらず、上がり3位で7着に走っており、昨年のJBCではクリソベリル、オメガパフューム、チュウワウィザードに続く4着。今の充実度ならば1発あってもおかしくない。