チューリップ賞はメイケイエールが暴力的な競馬で1着同着。当欄で予想を世に出す時は『競馬は能力×適性、追い切りは能力のバロメーター』を意識していますが、適性を下げたとしても負けないくらい素質も能力も高いと思ったので推奨しました。
次走は桜花賞を予定しているそうですが、陣営は逃げる形も示唆しており、それがハマればとんでもないパフォーマンスを見ることができるかもしれません。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

中山11R 中山牝馬S
◎フェアリーポルカ 自信度★★☆☆☆

〇ランブリングアレー
▲アブレイズ
△デンコウアンジュ
△シャドウディーヴァ
△サトノダムゼル
△ロフティフレーズ

距離、馬場状態に限らず中山コースにおいては【1-1-1-0】の成績を残しているフェアリーポルカ。同馬の父はAJCCを制し、有馬記念でも好走したルーラーシップで母父は弥生賞、皐月賞を制したアグネスタキオン。そして父ルーラーシップ×母父アグネスタキオンは皐月賞2着馬サンリヴァルが出ている。牝系は中山で実績を残しているトゥザヴィクトリー、トゥザグローリー、トゥザワールドを輩出したフェアリードールなので中山を走るために生まれてきた中山の鬼の血統とも言える。
栗東坂路で素晴らしい時計を出しているのも、中山の坂を苦にしない血統のおかげなのかもしれない。
思い返せば、昨年の有馬記念で大穴を開けたサラキアは栗東坂路で動いていたし、坂路でとんでもない時計を出しているアブレイズは今回と同じ舞台のフラワーC勝ち馬。なるほど、栗東坂路と中山の坂適性は近いのかもしれない。

中山7R 3歳1勝クラス
◎モリノカンナチャン 自信度★★☆☆☆
同馬の4代母はサトノクラウンの父マルジュを輩出したウェルシュフレイム。この血を持つ馬は総じて道悪が得意で最近ではサマーセントがマーメイドS、サトノインプレッサが毎日杯、サトノクラウンが宝塚記念を制している。
モリノカンナチャンは開幕終盤のタフな馬場を加速ラップで勝ち切ったことに素質を感じたが、明日の馬場ならばもっともっとパフォーマンスを上げる可能性がある。
ちなみに中京12Rのレッドクーゲルもウェルシュフレイムの血を持っているので、こちらも覚えておきたい。