中山記念の◎ウインイクシードは枠と展開の差で0.1秒差の3着。少し悔しいですが、『競馬は能力×適性、追い切りは能力のバロメーター』を徹底すると決めて、2週連続で当てられたことは本当に嬉しいです。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…中心となる予想
★☆☆☆☆…無理をして買う必要はない予想

阪神11R チューリップ賞
◎メイケイエール 自信度★★☆☆☆

○テンハッピーローズ
△タガノディアーナ
△タイニーロマンス
△エリザベスタワー
△ストゥーティ

桜花賞の本命はもう決まっている。今年に入って素晴らしいパフォーマンスを見せたとある馬が勢力図を塗り替える可能性を秘めている。
ただ昨年の2歳牝馬路線で1番の素質を感じたのは誰になんと言われようとメイケイエール。阪神JFは折り合いを欠いた分ラスト1ハロンで失速してしまったが、それでも本当に強い内容だった。はっきり言って今回も1ハロン長いと思うし、引っかかってハラハラするレースを見ることになると思うが、ここではモノが違うので絶対能力で楽勝してほしい。
相手は印の通りだが、上位はテンハッピーローズ。サトノレイナス、ソダシといった阪神JF上位組に善戦しており、能力はここでは上位。牝系から道悪は大の得意のはずで道悪であればあるほど魅力的になる。