先週は珍しく東西重賞で本命馬が連対しました。
今年は予想の公開を日曜日に限定していますが、重賞競走における本命馬の成績は【3-2-2-5】と上出来の部類。
日曜日に限定することによって、土曜日の馬場を確認してから予想を組み立てられるので予想がしやすいことが大きいかもしれません。
馬場が及ぼす影響や適性を考えた上で能力が足りる馬を買う。これを行うことができれば、回収率も良くなるはずです。
その結果、東京新聞杯は◎プリモシーンで的中できたと思います。もっともっと言いたいことはあるのですが、それは宝塚記念の予想でできればなと思います。

推奨馬に自信度をつけています。 
★★★★★…筆者渾身の大予想 
★★★★☆…かなり自信のある予想
★★★☆☆…週単位で買っておきたい予想
★★☆☆☆…注目して損はない予想
★☆☆☆☆…無理して買う必要はない予想

東京11R 共同通信杯
◎ダーリントンホール 自信度★★☆☆☆

◯マイラプソディ
▲フィリオアレグロ
3戦して左回り、右回り、スロー、ハイペースを経験しているマイラプソディ。これまでのレース内容や京都2歳Sで負かしたミヤマザクラがクイーンCを制していることを考えると特に弱点らしいものは見当たらない。しかし、今回はダービーへ向けた東京コースのお試し受験。取りこぼしがあっても不思議ではない。
今週からDコースに変わったためか、先週とは馬場傾向がガラッと変わった。総じて内を通れる先行馬が有利で、先行してどこまで粘れるかが焦点の馬場。
はっきり言ってマイラプソディ向きではない馬場だと感じた。
だからこそ他の馬を推す。
ダーリントンホールの札幌2歳Sは運がなかった。出遅れながら先行するも先行馬にとって厳しいラップになり、前々で運んだ馬が下位を独占する前崩れの展開(ちなみに先行してビリのアールクインダムが次走1勝クラスでしっかり巻き返している)。しかも、前にいた先行馬が4コーナーで垂れてしまい一緒に後退する不利がありながら3着なのだから手放しで褒めていい。
そして前走の葉牡丹賞は高速馬場が敗因。ゴリゴリの欧州血統で高速馬場は本質的に苦手。高速上がりも使えないにもかかわらず上がり最速で3着であれば、絶対能力の証明と考える。
高速馬場では用済みだが、日曜の気象予報は雨模様で高速馬場にはならないし、今の高速上がりのいらない東京なら本来の走るができるはず。
相手はマイラプソディとフィリオアレグロで問題なし。後者は道悪大好きサトノクラウンの半弟で重い馬場は向く。馬券は単勝と馬連流し、3連単1.2着固定で数点買う。

京都11R 京都記念
◎アメリカズカップ 自信度★★☆☆☆

△カレンブーケドール
△クロノジェネシス
△ドレッドノータス
△ノーブルマーズ
△アルメリアブルーム
人気の牝馬2頭ははっきり言って強い。強いが今回は非根幹距離(400mで割れない距離)。加えて道悪が濃厚ならば実績通りにはならない。
マカヒキ、アルアイン、レイデオロ、ディアドラ、ワンアンドオンリー、キズナ、ハープスター、ジェンティルドンナらクラシックで活躍した名馬でも勝てていないことがそれを証明している。
本命はアメリカズカップ。ようやく適性のある条件に出てきてくれた。非根幹距離での道悪適性は現役でもトップクラス。
道悪でのレース内容も凄いが負かした相手も悪くない。重馬場のきさらぎ賞はサトノアーサーとダンビュライトを完封しており、しかもその2頭とも道悪は苦手というより得意の部類。
終わった馬との評価もあるが、判断するのはこのレースが終わってからでも遅くない。雨が降れば降るほど良いタイプでレースまでにどこまで馬場が悪くなっているかが課題。
馬券は単複と馬連、3連複流しで買う。

京都10R 北山S
◎ベストタッチダウン 自信度★★★☆☆
ロードレガリスやエアアルマス、モズアスコットなど新星が続々と現れるダート路線。ベストタッチダウンも勝るとも劣らない能力を持っている。
今までは上がりも使えず、スピードも足りないイメージの馬だったが、2走前から馬が変わった。2走前は逃げて上がり最速で大差勝ち。時計も見た目も規格外の内容だった。そして前走に至っては何もしない楽勝劇。
もしかしたら追って伸びない可能性も考えられなくはないし、今回は同型が多いことも気になるが、あのパフォーマンスならチャンピオンズCも見えてくる器。買うか買わないかはオッズと相談だが、是非とも注目しておきたい馬。
“もし”この馬がこの先、重賞に出走することがあれば血統について触れたいと思う。

京都5R 3歳未勝利
◎セウラサーリ 自信度★★☆☆☆
前走は折り合いに専念するあまり力尽きてしまったが、新馬戦はロータスランド、スワーヴドン相手に3着。間違いなく未勝利戦を突破する力は持っている。
半兄サダムパテックは稍重のマイルCS勝ち、半姉のジュールポレールは稍重のヴィクトリアマイル勝ち、半兄ダークナイトムーンも道悪で好走しているように道悪でパフォーマンスを上げる一族。セウラサーリにとっても今の京都は合うはず。

小倉5R 4歳以上1勝クラス
◎サンバパレード 自信度★★☆☆☆
高速ダートが得意なようで未勝利戦のダート1000mの走破時計は57.7秒。同日の3勝クラスが57.3秒(2着馬が57.6秒)を比較してもこのクラスは通過点。
前走は出負けが痛かっただけでスムーズなら巻き返せる。